シルヒャーワイン 
Schilcher Wein
 とは?


シルヒャーワインの由来

おそらくケルト時代から伝わったとされています。
16世紀以来シルヒャーは知られるようになりました。

主に西シュタイヤマークで、海抜600mの高所に至る所まで
シルヒャーワインは栽培されています。

西シュタイヤマークではローマ時代にワイン栽培が行われていた形跡
がWerners村の東に沢山出ています。 この辺りは、ハルシュタット時代
から既に人が住み始めていました。

 

シルヒャーワインの葡萄品種

『青いヴィルトバッハー』 Blauer Wildbacher が
シルヒャーワインの葡萄品種です。

「青いヴィルトバッハー」はシルヒャーワイン生産に法的に
承認された品種です。

シルヒャーワインとして承認され、販売する為には、
シュタイヤマーク内で育った「青いヴィルトバッハー」ーを
100%使っていなければなりません。

シルヒャーが賞賛に値するのは、70年来に渡って、一度も
グローバル.プレーヤーにならなかったと言う事です。

昨今はワインの値段はその質に係わらず、世界でうなぎ登り
していますがシルヒャーワインは愛好者に感謝して、30年間
値上げなしです。

特徴

「青いヴィルトバッはー」は、腐りやすい事から、畑には暖かく、風通しが
良い所が適しているとされています。西シュタイヤマークの気候はこれに
バッチリ。

シルヒャーの保護政策

シルヒャーは、ロゼワインの名前を特別に許可されたワインです。
シルヒャーはシュタイヤマークのみで使用可能な商標名です。
シルヒャーとして承認されるには、シュタイヤマークで育った
「青いビルトバッハー」を100%使ったものでなければなりませんが、
それに加えシルヒャーには「商標記号」があります。
「白馬」の記号ががシンボルです。

クラシックシルヒャー

クラシックシルヒャー、元来のシルヒャーです。独特の香り、野苺、
ラズベリー、オレンジ、スグリ等に似た香りは、『青ヴィルトバッヒャー』
の持つ、クールな気品のある味から来ています。何故そんな味が? 

それは、「青いビルトバッハー」ーの根に秘密があるのです。
「青いビルトバッハー」ーの根には豊富なミネラルが一杯!
その栄養分が葡萄の果汁一杯に広がり、力に欠けることが無く、
葉脈や全体に行き渡って葡萄の味を強くしています。

シルヒャーはその美しいロゼ色と酸味が特徴ですが、これは、
製造者が、ヴィルトバッハーを摘むと、即、絞る事を原則にし
ている為です。

赤い色に輝きを出す為には、摘んだ後、できるだけ早く絞らなければ
なりません。その為に、酸味が残るのです。

「青いビルトバッハー」葡萄の実が濃紺か黒ずんだ色になると摘み取り
です。この色になると、葡萄は明るい果実になります。それを狙って摘
み取りその後は、間髪を入れずに、樽に詰め込んで絞ります。こうして
美しい光沢のあるロゼの出来上がりです。

シルヒャーセクト

シルヒャーは元来味がとても強く、辛口で酸味が強いのですが、
それをやや辛口、品良い甘口に飲みやすくしたのがセクトです。

炭酸で微妙に洗練されたシルヒャーの味を出しています。
少量の炭酸は、ヴィルトバッヒャーの元来のピリカラを抑える役を
します。こうして青ヴィルトバッヒャーの2番手ブランドの登場となり
ました。







inserted by FC2 system