Dr. Karl Franz Stock,愛称カールの活躍のお知らせ

グラフイックデザイナーから「蔵書票」芸術家へ。カールの「蔵書票芸術家」としての経歴は
50年を越えます。最近はシュタイヤマーク風蔵書票大家として益々その活躍が専門各誌
に取り上げられるようになりました。2004年には、国際蔵書会議でアマチュア.蔵書票協会
より「Udo Ivasak賞」を受賞しています。

昨年の2007年には70歳の誕生日にグラーツのシュタイヤマーク州立図書館で「蔵書票
展覧会.スペシャル」を開催、その明確なモチーフと形式が高く評価されました。特に出版
社に人気を博しました。

カールはまた、「世界文学作品目録」の編纂者です。現在までに41.000の目録を編纂、
CDにも収録されています。

2008年7月24日、Dr. Tillfried Cernajsekが専門書に "現代の国際蔵書票作家"を掲載、
カールの経歴とその270の蔵書票作品”にますます芸術作品として磨きがかかっている”
と高く評価されました。原文を下記に掲載しましたのでどうぞご覧下さい!


カールの活躍A






inserted by FC2 system